カテゴリ:ひかりのおとへの道( 6 )

ひかりのおとへの道(その6)

d0237485_301430.jpg
d0237485_226545.jpg

(2009.12.6)


『ひかりのおと』の製作・上映活動に大きく関わるシネマニワ。
製作協力というポジションにありますが、その多くのメンバーが、『ひかりのおと』のスタッフでもあります。

シネマニワとは、「映画を発進、真庭から」をコンセプトに、映画館のない真庭市でも映画を観たいという思いのもと、映画の上映活動や地元真庭で映画製作を行うグループ。

その第七回目の上映会では、「いきる」というテーマで、『長江にいきる 秉愛の物語』、『へばの』、『紅葉』の三本の上映をし、さらに、『長江にいきる 秉愛の物語』の音響設計を担当された、映画録音・音響の菊池信之さんをお招きして、トークショーも行われた。
主に、「地方」と「映画」について、熱い議論が交わされ、今回の『ひかりのおと』の岡山巡回上映に繋がるアイディアも飛び交うなど、重要な場となった。

その後、菊池さんには、『ひかりのおと』の製作過程でたくさんのアドバイスをいただき、音作りを始め、映画を作ること、そして映画を見せることについて、新たな発想を持てたことにとても感謝しています。
残念ながら、まだ完成作品をご覧いただいておらず、いつか機会に見ていただきたいと切に思っています。


(桑原)
[PR]
by hikarinootoblog | 2011-09-10 03:03 | ひかりのおとへの道

ひかりのおとへの道(その5)

d0237485_259148.jpg

(2009.11.29)


企画の発端となった打ち上げから約一年後、岡山映像祭2009にて製作発表を行う。
当時はまだ仮タイトルで『陽光』。前作が『紅葉』で『陽光』!

この時期、山崎監督とシネマニワのスタッフは、その『紅葉』の劇場公開も、大阪のシネ・ヌーヴォXでしており、多忙を極める中、年末年始に控えた撮影の準備を進めていた。
この日も大阪からトンボ帰りしての製作発表。写真からも監督の疲労度が分かります。足下に置かれた、トレードマークの赤帽士が、哀愁を誘う。


(桑原)
[PR]
by hikarinootoblog | 2011-09-09 03:09 | ひかりのおとへの道

ひかりのおとへの道(その4)

d0237485_145592.jpg

d0237485_145216.jpg

(2009.11.22-23)


『ひかりのおと』の撮影を担当した俵謙太を連れて、三度目の真庭へ。
各舞台をロケハンする中、物語中でクライマックスを迎える場所となる櫃ヶ山に登る。

俵キャメラマンと主演の藤久さんが何気なく登っていく一方で、徐々に足取りが重くなっていく自分。頂上に着いた時、完全に天を仰いだ(監督も若干へばり気味に)。情けないことに、30歳を超えた体力の衰えを痛感する。

頂上から眺める真庭の風景に感動しながらも、雪が積もる本番で、果たして本当に撮影が出来るかどうかを危惧するとともに、携帯用酸素ボンベの常備を決意した。


(桑原)
[PR]
by hikarinootoblog | 2011-09-06 02:01 | ひかりのおとへの道

ひかりのおとへの道(その3)

d0237485_0203923.jpg

(2009.10.10-12)


岡山出身者・在住者を中心に、全国にキャスト募集をかけて、オーディションを実施。

岡山県内はもちろんのこと、東京や関西からもたくさんご応募いただき、真庭市、岡山市の二会場で行う。スタッフたちも何故か緊張。写真は、主演の藤久善友さんと森衣里さんのオーディション時の様子。

この年の年末年始に撮影を行ったのだが、その後二年越しでの撮影をするとは、まさかこの時には思いもよらなかった。
演技経験がほとんどない方ばかりにお願いしましたが、演じるというよりも、二年もの間、皆さんに役と一緒に生きてもらったような気がしている。

だから『ひかりのおと』は、ある意味でキャストの皆さんのドキュメントでもあると思う。


(桑原)
[PR]
by hikarinootoblog | 2011-09-04 00:32 | ひかりのおとへの道

ひかりのおとへの道(その2)

d0237485_1164337.jpg

d0237485_117293.jpg

(2009.8.27-29)


シナリオ作成に入り、メールでのやりとりが始まる中、初めて真庭を訪れる。
津山まで加納Pに迎えに来てもらい(確かそうだったような)、いざ山崎監督の自宅へ。山々に囲まれ、緑が青々として眩しかった。

舞台となる三浦牧場にもご挨拶とロケハンに伺い、間近で見る牛の迫力(でも、意外と皆可愛い)、高速道路で切り分けられた敷地、丘の上から見下ろした牧場全体の風景……それらを肌で体感。
この場所で映画を作るということを改めて感じ、一段と気合いが入ったことを記憶している。

この時初めて山崎監督が育てたトマトも食す。夏の真庭は気持ち良かった。


(桑原)
[PR]
by hikarinootoblog | 2011-09-03 01:41 | ひかりのおとへの道

『ひかりのおと』への道(その1)

d0237485_038171.jpg

d0237485_0385514.jpg

(2009.2.7)


2009年に行われた、へばの公開記念オールナイト「TOKYO NO WAVE」にて、山崎監督の前作『紅葉』を上映した際の舞台挨拶の様子。

前年の岡山映像祭2008で、『紅葉』と盟友・木村文洋監督の『へばの』が偶然にも上映され、その打ち上げの席で、「岡山で映画製作を」という話題が上がったことが全ての始まりだった。

すでに企画は少しずつ立ち上がり始めていたが、この後、山崎監督始め、壇上のメンバーと『ひかりのおと』の製作に向かうことになる。

この時司会の木村監督(『ひかりのおと』でも、監督補として参加。予告編の構成・編集も担う)と4人の間に、何とも言えない距離が空いているのが、笑いを誘う。


(桑原)
[PR]
by hikarinootoblog | 2011-09-02 00:41 | ひかりのおとへの道


岡山県真庭発、映画『ひかりのおと』の新着情報など 


by hikarinootoblog

プロフィールを見る
画像一覧

『ひかりのおと』公式HP
http://hikarinooto.jp

お問い合わせ先
info@hikarinooto.jp

最新の記事

ひかりのおと 山崎監督特集に..
at 2016-01-15 23:21
ひかりのおと 久しぶりの上映!
at 2014-12-29 19:41
ひかりのおと 高松上映決定!
at 2014-03-08 18:17
ひかりのおと 東京上映決定!
at 2014-01-01 22:17
ドイツ・オスナブリュック上映!
at 2013-11-03 15:00

以前の記事

2016年 01月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

画像一覧

カテゴリ

全体
新着情報
プレゼン情報
ひかりのおと通信
ひかりのおとへの道
きょうのキャプテン
リポート
未分類

Twitter公式アカウント

ブログジャンル

映画
農家

その他のジャンル