カテゴリ:きょうのキャプテン( 102 )

きょうのキャプテン 2012.4.7-8

現在、大阪にて絶賛公開中の『ひかりのおと』。それを記念して「きょうキャプ」が復活! シネ・ヌーヴォ初日と二日目の模様をお伝えします!

4月7日。
初の劇場公開を迎え、胸を踊らせながら、朝一番で大阪へ向かう高速バスを待つ。少し遅れて、監督も合流。開口一番「パンフレット忘れた…」との声。初日から物販なしの状況を迎えるという波乱の幕開け。かなりヤバし。(後に黒川さんのファインプレイにより、即刻発送してもらい、なんとか対応。申し訳ありませんでした…)

無事に大阪着。地下鉄を乗り継ぎ、九条へ。いざシネ・ヌーヴォ。監督ともども緊張感MAX。徐々に増えていくご来場者。中には、監督の保育所時代の先生なども来られており、どことなくアットホームな雰囲気。

12時50分。初めての劇場公開スタート。残念ながら満員とはならなかったが、館内は熱気に包まれる。監督とともに舞台挨拶のため、登壇。巡回上映とは、またひと味違う感慨。終了後には、「良かった」「誠実に作った映画」など声をかけて下さる方やパンフレットを予約していただいた方も。(後日、無事にシネ・ヌーヴォから発送していただきました。ありがとうございます!)

ほっと一息ついて、夜の回。再び登壇。「ドキュメンタリーを見ているようだった」とのご感想をいただく。地域で作られた映画が、都市の映画館でどうやって見られていくかこれからも楽しみ。

終了後は、シネ・ヌーヴォのスタッフの皆さんや見に来られていた監督の学生時代の友人知人の方々も交え、打ち上げ。初日を祝う。
その後、店を移動するやいなや、監督の実姉でもある山崎支配人とともに、わらしべ長者のように店を転々とし、朝まで『ひかりのおと』宣伝行脚。前売券を次々と買ってもらっていく山崎支配人の熱意に感服。

4月8日。
仮眠をとらせてもらい、二日目。再びシネ・ヌーヴォへ。

本日監督とともにトークイベントを行う長岡野亜監督の『ほんがら』を鑑賞。滋賀県近江八幡市島町を舞台に、農村の失われた伝統の再生を追うドキュメンタリー。映画を越えて、人の心が動かされていく瞬間を見る。あのとてつもなくデカい松明を生で見てみたい。

同時刻に終了した『ひかりのおと』の後に、原一男監督、長岡野亜監督を交えてのトークイベント。テーマは「地域映画」について。土地に住み、地域に根ざして作ることと様々な地域を漂流しながら作ること。まさにこれから自分が向き合うべきテーマについて語られるトークはとても刺激的だった。
過去であれ、現在であれ、未来であれ、そこに生きる人たちの関係を見つめ、それがどう作用して、どういう感情を持ち、どう立ち上がっていったか。それを描く映画をこれからも作りたいと思う。

帰りのバスの時間が近づき、夜の回には立ち会えず。監督と別れ、お先に発つ。一ヶ月というロングラン上映の初日、二日目を終え、真庭に帰る。

d0237485_22282766.jpg


大阪に ひかりのおとが 鳴り響く

2012.4.7-8 桑原

急遽ですが、再び来阪。明日13日の12時50分の回と14日の15時00分の回に、監督舞台挨拶あります! お見逃しなく!

4/13(金) 12:50/18:40
4/14(土)〜4/20(金) 15:00
(以上、シネ・ヌーヴォにて)

4/21(土)〜4/27(金) 11:30
4/28(土)〜5/4(金) 19:35
(以上、シネ・ヌーヴォXにて)

<鑑賞料金>
一般1500円、学生1200円、会員・シニア1000円
前売券1200円(Pコード:463-551)

[PR]
by hikarinootoblog | 2012-04-12 22:41 | きょうのキャプテン

きょうのキャプテン 2012.3.16-18

3月16日。
監督、カメラマン 俵君とともに湯原を出発。巡回上映最後の遠征、一路倉敷へ。
倉敷駅にて、『ひかりのおと』の音楽として、楽曲を使用させていただいた増岡彩子さんをお出迎えする。翌日のオールナイトイベントにてライブをしていただくため、ご主人ともうすぐ二歳になるお子さんと来岡。しばらく、美観地区など散策。食事をご一緒した後、一旦お別れし、上映会場となる倉敷町家トラストへ。

倉敷町家トラストは、倉敷宣伝中にご紹介いただいた中村さんが代表を務めるNPO法人。主に、使われなくなった町家を再生して、生活体験や宿泊、さらには地域活動などに利用していく活動をされているところ。その事務所の一階、普段から開放されていて、自由に交流などできるフリースペースをお借りしての上映。

d0237485_2113290.jpg

d0237485_21132425.jpg


16日は、夜一回のみの上映。日頃から、地域の文化や生活に根ざした活動をされている中村さんのお声がけもあり、会場はたくさんの方で埋まる。何度かお邪魔して、中村さんとお話しする中で出て来た、「なぜ巡回上映をやろうと思ったのか?」というご質問の答えとして、「いざという時のために、たくさんの人と出会って、クモの巣を張っていくように人とのつながりを作りたかった」と語る監督。

d0237485_2120128.jpg

d0237485_21202268.jpg

d0237485_21205157.jpg


3月17日。
前日に引き続き、倉敷町家トラストにて、昼夜の二回上映。ちょうど倉敷での音楽イベントと重なったが、文化・芸術に関心の高い倉敷の方々を中心に、各回万遍なく席が埋まっていく。中には、偶然通りがかった際に、高校時代の先輩を見かけて、見て下さった音楽志望の方や、映画『ゲゲゲの女房』の鈴木卓爾監督にもご来場いただいた。会場には、地元ということもあり、春子役の中本さんも駆けつけてくれ、集まったキャスト・スタッフ一人ひとり、ご挨拶。

d0237485_21294348.jpg


終了後、余韻に浸る間もなく、即撤収。中村さんに惜しみつつ別れを告げ、オールナイトイベントの会場であるペパーランドへ急ぐ。
前にやられていたイベントが終わるまで、近くのファミレスにてスタッフ一同に介して待機。しばらくすると、東京から駆けつけてくれた制作部の冨永威允君も到着。いよいよクライマックスへ向けて、各地から顔触れが揃う。

いざペパーランドへ。ペパーランドは、1974年より営業されている、岡山の老舗ライブハウス。ライブというものが一般的でなかった時代から、その概念を岡山に定着させた貴重な場所。ライブだけでなく、映像や芸術など様々な表現の場として、今もたくさんのイベントが催されている。今回オールナイトで、映画上映、ライブ、トークのイベントを行わせていただくことに。

まずは、映写準備。持ち込みのプロジェクターの投射距離が合わず、悪戦苦闘するが、なんとか完了し、彩子さんのライブのリハーサル。こちらがバタバタで、決して充分とは言えない準儀の中、一つひとつ丁寧に調整していただく。緊張感が高まっていく。

いよいよ開場。オールナイトにも関わらず、スタッフ含め、およそ30名が客席に着く。まずは『ひかりのおと』上映。

d0237485_21585935.jpg

d0237485_2158727.jpg


上映後、場を入れ替え、監督の紹介から入り、遂にライブ開始。監督との出会いの曲から、この日のために作っていただいたという曲、そして『ひかりのおと』で雄介が歌う「青空」など、この場にいた全員が、彩子さんの歌に包まれ、聞き入っていた。「空を見よう」「青空はすぐそこに」と歌う彩子さん。深夜にも関わらず、まるで太陽が昇っているようだった。

d0237485_2233533.jpg


ライブ後はトークイベント。監督が、色々なスタッフを呼び込み、入れ替わり立ち替わり、組み合わせを変えてのトークセッション。舞台となった三浦牧場の三浦さんとの酪農の話から、岡本Pの撮影現場こぼれ話、なかなか珍しい俵カメラマンの撮影秘話まで。トーク終盤となり、ペパーランドの創設者である能勢さんから、映画の中でドラマの核となる祖母の手紙について言及いただき、そこから議論が発展。時間いっぱいとなり、朝を迎える。
無茶な面も多々あったイベントでしたが、実現できて、とても光栄でした。彩子さん、ご主人の増岡さん、ペパーランドの能勢さん、慶子さん始め、ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

d0237485_041450.jpg


3月18日。
すでに、日が明けて、撤収後、なだれ込むように岡本P邸で仮眠。束の間の休息の後、巡回上映最後の場所、岡山市デジタルミュージアムへ。到着後、いつもと変わらず、映写、受付、導線など、皆それぞれ準備。これまでの集大成。会場には、これまで密着取材していただいた山陽放送 RSKの喜多さんも駆けつけてくれる。共に最後を分かち合えるのが嬉しい。

d0237485_22333586.jpg

d0237485_22335067.jpg

d0237485_22313113.jpg


最終日、15時と18時の二回上映。残念ながら、満員とはならなかったが、各回多くの方にお越しいただく。いつもと同じように、監督のトークから始まり、最後ということで集まったキャスト・スタッフ皆で、ご挨拶。それぞれの立場から、今回の『ひかりのおと』巡回上映について語り、最終上映も無事に終了。

d0237485_22473346.jpg

d0237485_2246393.jpg

d0237485_2247104.jpg

d0237485_2247503.jpg

d0237485_22482271.jpg


これを持って、昨年10月29日より始まった岡山県内全域巡回上映 51会場100回上映の全日程が終了。今回の巡回上映において、参加したメンバーそれぞれが、何を感じて、何を得られたか、そして今後どうつなげていけるか、これから少しずつ反芻していくことと思う。しかしながら、これで終わりではありません。『ひかりのおと』はこれからまだまだ鳴り続けます。

これまで上映を支えていただいた多くの方々、また、新たに出会えた多くの方々に感謝するとともに、この場をお借りして御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

約半年間に渡り、掲載してきました「きょうのキャプテン」も一度幕を降ろします。これまで拙文をお読みいただいた方々、ありがとうございました。今後は、上映やイベントなどの機会に登場したいと思います。

そして、『ひかりのおと』は、4月7日より大阪 シネ・ヌーヴォにて、いよいよ劇場公開を迎えます。初日7日は、監督舞台挨拶、二日目8日は、トークイベントあります! 詳しくはシネ・ヌーヴォHPにて!

5ヶ月間 出会いを重ねて 来た旅路 次に繋げて また動き出す

2012.3.16-18 桑原
[PR]
by hikarinootoblog | 2012-03-23 00:26 | きょうのキャプテン

きょうのキャプテン 2012.3.12-15

3月12日。
前日の岡山上映から明けて、真庭に戻る。
事務作業など済ませ、先行して大阪入りする監督を見送る。

3月13日。
朝から諸々作業。仕事終わりの黒川さんと合流し、大阪へ向かう。十三駅にて監督と合流。そのまま京都へ。Jazz in ろくでなしに立ち寄り、マスターの横田さんにご挨拶。横田さんが、京都新聞に掲載された監督インタビュー記事の切り抜きを差し出してくれる。

d0237485_0655100.jpg


その後、監督もかつて働いていたというラーメン屋 祇園みみおへ。今年明けて店舗移転して以来、監督も初めて訪れたとのこと。店主の佐藤訪米さん、スタッフの堀君の仕事を見ながら、中華そばを初めていただく。一つひとつ素材の味が舌に伝わる。暖簾を下げた後も長居させていただき、いつしか映画話で盛り上がり、二杯目の中華そばを食べる頃には、夜が明けて朝日が昇っていた。

d0237485_055640.jpg

d0237485_0625100.jpg


3月14日。
眠気に襲われながら、大阪に戻る。九条着。某M店にて禁断の仮眠。
昼近くなり、東京から駆けつけてくた『ひかりのおと』撮影担当の俵君から電話あり、合流。大阪アジアン映画祭上映の会場 シネ・ヌーヴォに向かいご挨拶。劇場内では、4月7日からの公開に向けて、すでに『ひかりのおと』一色。有難し。

d0237485_0134767.jpg

d0237485_0142292.jpg


18時30分。大阪アジアン映画祭上映。京都から陽子役の森衣里さんも来てくれて、急遽舞台挨拶をしてもらう。上映後には、監督、森さんとともに登壇。演出や演技指導についてや岡山での反応など多く質問が出る。岡山巡回真庭市出身が「ぜひ見たかった」と見に来て下さっていたのが嬉しかった。

d0237485_0225213.jpg


その後、打ち上げに参加。東京国際映画祭に続き、今回も映写でお世話になった、アテネ・フランセ文化センターの吉岡文平さんも仕事終わりで駆けつけて下さる。吉岡さんは、自分にとって映画づくりを教えてもらった人でもある。東京国際以来の再会。翌日もお仕事があるにも関わらず、朝方まで。ホテルまでタクシーで向かう道すがら、吉岡さんと二人、少し昔を思い返す。

3月15日。
朝から打ち合わせを一つ済ませ、シネ・ヌーヴォにて、俵君、黒川さんと合流。『東京に来たばかり』『ラブリー・マン』鑑賞。束の間だが、映画祭の雰囲気を味わう。
夜、別動していた監督と合流。巡回上映最終週を迎える岡山へ戻る。

かつての日 それぞれ続いて 今もある

2012.3.12-15 桑原
[PR]
by hikarinootoblog | 2012-03-21 00:54 | きょうのキャプテン

今週のキャプテン 2012.3.5-11

3月5月~8日。
別件業務の寄贈書籍整理。湯原っしぃの会合参加。RSKラジオ「ごごラジViviっと」生出演。中世夢が原見学。エフエムつやま「映画でええが?!」収録。別件会議ニ連発。真庭良一 若者の集いに参加。何やかやと慌ただしくウィークデイを過ごす。

3月9日。
巡回上映初となる井原市へ向かう。会場となるのは、あたたかく風合いのある素材を使った衣類や小物雑貨などを制作されている、"つるかめ屋"こと別府さんの工房。元々、ピークという理髪店を改装して使われており、そこの二階スペースをお借りしての上映。広めの和室に上映機材を設え、さながら自宅上映の雰囲気。

会場には、別府さんのお知り合いを中心に、ミュージシャンの方やピークの大家さん、地元の観光連盟の方などにお集りいただく。アフタートークも皆さんと膝を突き合わせるような感じで、昨年の3月11日以前以後でこの映画に向かう姿勢にどんな変化があったかなどをじっくりとお話。終了後も別府さんの手料理をいただきながら、話の続き。ゆったりとした時間を過ごし、文字通り、まさに"アットホーム"な雰囲気に、映画上映の違ったあり方を感じる。


d0237485_1545878.jpg


3月10日。
この日は、昼夜二会場。まずは、海の見える瀬戸内市邑久町へ。場所は、ワッカファーム錦海寮。ワッカファームは、使われなくなった土地を開墾し、数名のメンバーの方々で無農薬の野菜などを作られながら生活されているところ。関連したカフェやレストラン、直売所など幅広く連携した活動もされ、音楽や映画上映などのイベントもたくさん催されている。

主のタツヤさん、アヤさんに迎えられ、準備開始。海を感じるとても開放的な会場。実はここは、映画『ギ・あいうえおス -ずばぬけたかえうた-』のロケ地ともなった場所。そうこうしているうちに、その映画にキャスト・スタッフとして関わっている野口君が突然現れる。元々、ワッカファームで作業のお手伝いなどして、つながりがあったため、ぜひ参加したいと大阪より駆けつけてくれた。

上映には、やはりワッカファームとつながる方を中心に、たくさんの方々にお集まりいただく。元気に走り回っていた子どもたちも、上映中は一生懸命に見てくれていたのが嬉しい。上映後、『ひかりのおと』では描かれなかった、これからの農業のあり方にも触れながらのトーク。これからの時代をどう生きるか。そのひとつのあり方をまさに実践されているこの場所で上映出来たことで、改めて考えるきっかけをいただいた気がする。終了後、残念ながら、慌ただしく次の会場へと向かう。またいつかゆっくりと訪れたいと思う。

d0237485_15475495.jpg


続けて、海から山へ。11月にもお世話になった美作市上山いちょう庵に向かう。前回は棚田での野外上映を敢行。今回も、地域おこし協力隊を率い、棚田再生の活動などをされている西口さんにお世話になり、趣向を変えて、改装が進んだいちょう庵の屋内にて上映。

会場では、100万人パレードに参加されていたということもあり、FRYING DUTCHMAN「human ERROR」も映写。地元から来られた方や地域おこし隊のメンバー、遠くは大阪や島根から来られた方などで溢れ、囲炉裏を囲んでの上映。上映後は宴会に突入。鍋や巨大な牡蠣、棚田で作られたお米などいただく。全国の地域おこし協力隊を結んでの『ひかりのおと』各地巡回上映のアイデアも飛び出し、西口さんのバイタリティにはいつも驚かされるばかり。

d0237485_15523630.jpg


3月11日。
ワッカファーム以来同行してくれている野口君と朝一足温泉へ。昼からは、監督が参加した「美作未来づくりサミット」に同行。終了後、岡山市内へ移動。出発直後、14時46分を車中で迎える。一年前を思う。

岡本Pと合流し、クロージング上映の会場 岡山市デジタルミュージアムへ。下見、上映チェック中、トラブル発生。なんとか代案を立て、当日に備える。会場担当の方にはご迷惑をおかけしました…。

岡山ディープスポット ほろよいマンションにあるカフェ&バー、猿の腰掛へ。昨年11月にマスターのヒデさんにお会いして、その後何度かお店に寄らせていただき、ぜひ3月11日はここで上映をとお願いして上映が実現した。

スクリーンを立て、お店のカウンターにプロジェクターを設置させていただき、上映開始。この日は、監督前作『紅葉』も上映。お客さんはそれぞれ、3名、2名だったが、上映後は、飲みながらの親密トーク。『紅葉』から『ひかりのおと』へどうつながっていったかなど、いつもとは違う話題で盛り上がる。上映後は、ヒデさんも交えて、神秘スポット話やゴッホ話、吉備の歴史の話など、最後は次回作のイメージを含まらせて締め。長い夜を終える。

d0237485_1557471.jpg


いよいよ巡回上映もラストウィークへと突入。3月18日まで。

過去見つめ 未来を思って 現在(いま)つくる

2012.3.5-11 桑原
[PR]
by hikarinootoblog | 2012-03-13 15:58 | きょうのキャプテン

きょうのキャプテン 2012.3.3-4

3月3日。
午前中諸々作業した後、真庭二会場上映の一発目、川上コミュニティセンターへ。上映をサポートして下さった真庭市役所の宮永さんと合流し、上映準備。5ヶ月近く続けて来た巡回上映。スタッフ一同の連携もあって、予想以上に手早く終了。準備後、昼食に、ひるぜん焼きそばをごちそうになる。ご当地の味に舌鼓。

開場後、たくさんの方がお越し下さり、席を急遽増やす。宮永さんのご挨拶のもと、上映開始。上映後、「蒜山でもぜひ映画を撮って欲しい」との激励の言葉をいただく。
今回川上でも上映が追加されたことで、これで真庭市旧町村全地域での上映が実現することに! 地元のたくさんの方々の応援を改めて実感。

d0237485_17366.jpg

d0237485_174459.jpg


余韻に浸る間もなく、続いて、同じく真庭市内の美甘へ向かう。会場となるのは、キャンプ場の中にある食堂 山野茶屋「美甘むら」。地元の食材を使用したメニューが人気。この日も、おこわ定食や手作りケーキなど、上映とセットで食事も出される。準備が落ち着いたところで、食事もいただく。地元の味を堪能。

会場内、席が足りなくなるほどの大入り。家族連れの方など地元の方を中心に、リピーターの方の姿も。食事を終え、美甘むらスタッフの植田さんからご挨拶あり、上映開始。
上映後には、スタッフの皆さんと歓談。たくさんのお客さんの注文を次々と回転していった皆さんのチームワークに感動しつつ、美甘上映も無事に終了。

d0237485_1175748.jpg

d0237485_1183890.jpg


3月4日。
真庭市内最終上映 落合ショッピングセンターサンプラザへ。結婚式の披露宴などでも使用され、どことなく厳かな会場。

10時30分と14時00分の二回上映。主人公雄介の祖母役 佐藤順子さん、陽子の義母役 大倉朝恵さん、酪農家 斎藤役の坂本光一さんなどが駆けつけて下さり、会場も賑やか。
質疑応答では、ロケ地や技術指導ほか、たくさんご協力いただいたほか、雄介のモデルにもなった三浦正之さんにご挨拶いただく。地元落合にて、映画製作に参加してのご感想や今回の巡回上映で感じられたことなどを丁寧に話され、スタッフ一同が伝えたいことを代弁していただいたかのよう。
二回合わせて、100人近くの方にお越しいただき、真庭最終上映も盛況に終了!

d0237485_1384319.jpg

d0237485_139238.jpg


またもや余韻に浸る間もなく、高梁市宇治へ移動。今回の巡回上映中、最もタイトなスケジュール。なんとか無事に到着し、今回主催いただいた上映委員会の大場さんに迎えられ、早速準備。

会場となるのは、備中宇治 彩りの山里 元仲田邸。明治中期の建造物である元仲田邸の酒蔵を改修した旅館で、敷地内にはイベントスペースも常設。普段から大場さんが企画されて、ジャズのライブや一人芝居、落語など様々なイベントも催されているが、映画上映は今回が初。趣きある建物も相俟って、雰囲気あるシアターに。

d0237485_1495557.jpg


当初の予定を越えたご来場者に立ち見の方が出るほど。昨年12月にお世話になった堕天使工房の森上さんもお越し下さる。大場さんからのご挨拶を受け、上映へ。厳しいご意見もいただく中、中山間地域の問題と絡めたご感想など出て、とても刺激的な場に。
終了後は、宿へ移動して、お客さんも交えての交流会。これまで地域で様々な仕掛けをされてきた大場さんのお人柄が滲み出る、アットホームな上映会を終える。

d0237485_1543729.jpg

d0237485_156252.jpg


長き旅 人の心に 支えられ 巡回上映 残りも僅か

2012.3.3-4 桑原
[PR]
by hikarinootoblog | 2012-03-06 02:18 | きょうのキャプテン

きょうのキャプテン 2012.2.27-3.2

2月27日~3月1日。
山崎監督の盟友であり、『ひかりのおと』にも監督補として撮影現場に参加してくれたり、予告編を作ってくれたりなど、多々サポートしてくれている木村文洋監督の次回作準備のため、東京へ遠征。シナリオ合宿や諸々打ち合わせなど。短い滞在ながら、有意義な時間。

その間、監督ほか、スタッフの皆に託して、28日には久米郡美咲町でクローズ企画上映。地元のたくさんの方々にお集りいただく。29日は2月限定水曜ロードショー最終日。倉敷からリピーターの方のご来場もあり。

d0237485_22431746.jpg


3月2日。
深夜バスにて、早朝津山着。姫新線、コミュニティバスまにわくんなどを駆使して、湯原へ帰還。
スケジュール確認ほか、諸々打ち合わせ、事務作業などして、夕方からは昨年からスタートした地域体験イベント「湯原っしぃ」関連の打ち合わせに向かう。

明日3日は、真庭二会場連続上映。13時30分から川上コミュニティセンターにて、19時30分から山野茶屋「美甘むら」にて。真庭での上映も残すところ、あと三会場! まだご覧になっていないという方はぜひ!

東京と 真庭をつなぐ えいが道

2012.2.27-3.2 桑原
[PR]
by hikarinootoblog | 2012-03-02 22:53 | きょうのキャプテン

きょうのキャプテン 2012.2.24-26

2月24日。
岡山市天神町にあるカフェ&バー SYNERGY73にて上映。普段から写真やアートなどの展示会もされているお店。お店のレイアウトを少し変えさせていただき、上映準備。

d0237485_17501433.jpg


お店の常連の方から遠くは徳島から来られた方まで、会場いっぱいのご来場者。特別にロッテルダム土産のチーズも振る舞う。この日は、監督の前作『紅葉』も上映され、監督もいつもと違い、緊張した面持ち。
上映後、お店のユキさんや残っていただいたお客さんたちとともに、『ひかりのおと』の話、『紅葉』の話を始め、幅広く映画談義。お客さんとの距離が近い、とてもアットホームな上映会となる。

d0237485_17504993.jpg


2月25日。
今回初めての上映となる備前市へ。会場へ向かいしな、日生に寄り、ご当地グルメ、カキオコを食す。牡蠣の量に驚嘆。続けて、ロケハンがてら、特別史跡旧閑谷学校にも立ち寄る。

d0237485_17512869.jpg

d0237485_17526100.jpg


吉永地域公民館到着。主催いただいている、水と森と里山の会の皆さんと合流し、準備開始。備え付けのシルバースクリーンにより、いつもと違った風合いの映写。まさに銀幕。

d0237485_17524160.jpg


会場には地元の方を中心に約80名を越えるご来場者。水と森と里山の会メンバーの井上さんの司会のもと、上映&質疑応答。兵庫から来られた、米作を継がれた方からの感極まったご感想や高齢の方からのもっと厳しい現実を描いて欲しいという激励のお言葉など、たくさんのご意見をいただく。水と森と里山の会の皆さんの地域での結束力を感じつつ、備前市上映会も終了。

d0237485_17532093.jpg

d0237485_17535636.jpg


2月26日。
昨年11月の上映以来、再び県立図書館での上映。今回は、岡山大学映画研究会の企画。スタッフとしても参加してくれている藤田君、加藤さんの晴れ舞台。

10時30分と13時30分の二回上映。学生さんたちも多く、幅広い年齢層のご来場者。父親治幸役の佐藤さんや京都から制作進行として撮影現場にも参加してくれた堀さんも駆けつけてくれる。
監督、佐藤さんとで舞台挨拶もあり。質疑応答では、撮影など製作に関する質問から、今後の農業について監督に意見を求められる場面も。上映後に、監督のもとに熱心に話しかけてくれる方々も。若い世代の方々にも多く見てもらえる機会を嬉しく思う。

d0237485_17563153.jpg

d0237485_17572921.jpg


それぞれの会場でそれぞれの出会いがある巡回上映。残り一ヶ月を切り、まだまだ怒濤のスケジュール。

上映は あと何回と 指を折る

2012.2.24-26 桑原 
[PR]
by hikarinootoblog | 2012-03-01 18:00 | きょうのキャプテン

きょうのキャプテン 2012.2.20-23

2月20日。
次回作の参考のため、映画鑑賞。
午後から、監督は山陽新聞の取材。その間、勝山病院にて検査結果(全く問題なし!)を聞きに行ったり、市役所に寄ったりなど。

2月21日。
クローズ企画の美咲町上映の会場下見。
午後からは、岡山県フィルムコミッション連絡協議会研修会に参加。監督の基調講演あり。県内各地のフィルムコミッションの方々と交流。

d0237485_1316101.jpg


2月22日。
2月限定水曜ロードショー 山崎邸 古民家"ノスタルジック"シアタア上映。朝の回からご来場いただく。有難し。
その後、続けて次回作の参考のため、映画鑑賞。

2月23日。
別件作業で、某施設にて寄贈書籍の整理。久しぶりの労働を味わう。
夜には、またもや次回作の参考のため、映画鑑賞。

本日24日は、20時より岡山市天神町 SYNERGY73にて上映。監督の前作『紅葉』も併映します! 乞うご期待!

巡回を しつつ次回の 構想も…

2012.2.20-23 桑原
[PR]
by hikarinootoblog | 2012-02-24 13:27 | きょうのキャプテン

きょうのキャプテン 2012.2.18-19

2月18日。
2月25日上映の備前市立吉永地域公民館にて、会場下見と当日の打ち合わせ。関東から移住してきた若夫婦との出会いもあり。当日が楽しみ。
夜からは、県南で『ひかりのおと』を盛り上げる会の集まり。一月に続き、東京から演出助手の兼沢君も合流。二次会は、2月24日上映のSYNERGY73へ。

2月19日。
今回の巡回上映中初めてとなる玉野市での上映。宇野港のほど近く、玉野市文化会館バウハウスへ。

玉野市文化会館バウハウスは、もともと銀行だった建物がフリースペースとなっている場所。少し変わった作りになっている会場にて、早速準備。

d0237485_2326229.jpg


14時と18時の二回上映。質疑応答において、うどん屋を継がれたという若い方から「今は出て来る食べ物がどういうストーリーを持っているか知らない人が多い」とのご意見をいただき、食における地産地消について語られたことが印象に残る。力不足で、残念ながら客足は多くなかったが、ほとんどの方がパンフレットもご購入下さる。有難し。

d0237485_23383158.jpg


上映の合間、フェリー乗り場まで散策。これで四国まで行けば、さぞテンション上がりそう。昼食には、即ロケ地になってしまいそうなシブい定食屋さんで刺身定食をいただく。一人で切り盛りしていたおばちゃんの気持ちのこもった味に大満足。

d0237485_23373041.jpg

d0237485_23394884.jpg

d0237485_23453332.jpg


随分、先だと思っていた玉野での上映も終わり、いよいよ巡回上映も残り一ヶ月を切る。

映画持ち 山から海まで ひた走る

2012.2.18-19 桑原
[PR]
by hikarinootoblog | 2012-02-22 23:50 | きょうのキャプテン

きょうのキャプテン 2012.2.14-17

2月14日。
2月17日上映の風曜日に向かい、事前打ち合わせ。
夜は、エフエムつやまにて「映画でええが!?」収録。監督久しぶりの出演。怒濤の三本録り。

2月15日。
2月限定水曜ロードショー。山崎邸 古民家"ノスタルジック"シアタア上映。
サポーターの名和さん、鏡野町上映でお世話になった大林さんが駆けつけてくれる。いつもより長いロングトークあり。

2月16日。
4月7日からの大阪公開に向けてのプレス・マスコミ試写のため、大阪 シネ・ヌーヴォへ。すでに、ポスター、チラシなどが至るところに。とても有り難い。合間には、偶然、職場体験のため劇場に来ていた中学生たちと交流も。試写後、ミニ記者会見と取材。
終了後、ヌーヴォスタッフの皆さんや現在上映中の『サウダーヂ』に出演している野口さん、監督の後輩で、撮影時に制作進行として参加してくれた堀さんも京都から駆けつけてくれ、結局4軒回って朝まで。車中で仮眠を取る。

d0237485_0195052.jpg

d0237485_0201989.jpg


2月17日。
大阪にて目覚め、一路湯原へ。無事に着き、小休止した後、機材積み込み。本日の上映会場 風曜日に向かう。

風曜日は、久世の商店街に新しく出来たフリースペース。一階は喫茶室のようなスペースで、二階は礼拝などをする集会場。エレベーターも完備されたバリアフリー施設。会場の武藤さんに迎えられ、早速二階にて準備。セッティングされた上映会場もどこか厳かな雰囲気。

d0237485_0295429.jpg


巡回上映オープニング以来の久世での上映。用意した椅子がほぼ埋まる。若い方やお子さん連れの方も。
質疑応答では、「今後も地元に希望を持てる映画を作ってほしい」、「最後に青空が見えて、よかった。あれが描きたかったのでは?」など、たくさんのご意見、ご感想をいただく。
また次回作も上映できることを誓いつつ、武藤さんと握手でお別れ。終始、和やかなムードの中、上映終了。

d0237485_0451060.jpg

d0237485_046418.jpg


映画見る 人と地域に 根づく場所

2012.2.14-17 桑原
[PR]
by hikarinootoblog | 2012-02-18 01:03 | きょうのキャプテン


岡山県真庭発、映画『ひかりのおと』の新着情報など 


by hikarinootoblog

プロフィールを見る
画像一覧

『ひかりのおと』公式HP
http://hikarinooto.jp

お問い合わせ先
info@hikarinooto.jp

最新の記事

ひかりのおと 山崎監督特集に..
at 2016-01-15 23:21
ひかりのおと 久しぶりの上映!
at 2014-12-29 19:41
ひかりのおと 高松上映決定!
at 2014-03-08 18:17
ひかりのおと 東京上映決定!
at 2014-01-01 22:17
ドイツ・オスナブリュック上映!
at 2013-11-03 15:00

以前の記事

2016年 01月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

画像一覧

カテゴリ

全体
新着情報
プレゼン情報
ひかりのおと通信
ひかりのおとへの道
きょうのキャプテン
リポート
未分類

Twitter公式アカウント

ブログジャンル

映画
農家

その他のジャンル